JA越後さんとう みのるくんブログ

JA越後さんとう みのるくんブログ

2018年9月27日
カテゴリー:みのるくん

暑い暑~い夏が過ぎて、やっと涼しくなったね! みのるくんも溶けるかと思った・・・。 今回は秋を感じるレシピを紹介するよ

「かぼちゃのいとこ煮」だよ~

ところでかぼちゃのいとこって誰だろう?

それは~小豆!

「いとこ煮」の由来は色々あるみたい。一説によると、小豆とカボチャは煮えるまでの時間が違うから、「追い追い(おいおい)」煮ていくので、おい=甥で、甥と甥はいとこ関係ということで「いとこ煮」っていうんだって。ほかにも色んな説があるから、調べてみてね!

それから新米の時期、実は小豆も新豆が登場するんだ。
新米と新小豆で秋の夜長を楽しもう

 

広報誌『てん・てん・てん』10月号では「きのこのふわとろ卵とじ」レシピを紹介しているよJA越後さんとうホームページ総務部門情報にアクセスしてね!

 

≪かぼちゃのいとこ煮≫

〇ブログ IMG_2806

 

<材料 6~8人分 6人分の場合1人あたりのエネルギー146kcal>

小豆  1/2カップ
水    2カップ
砂糖   30g
塩    少々
カボチャ  400g
だし汁  1と1/2カップ
砂糖   大さじ2
酒    大さじ2
しょうゆ 大さじ1

≪作り方≫

鍋にたっぷりの水と小豆を入れて火にかける。煮汁がワイン色になったら一度、煮汁は捨てる。

小豆を鍋に戻し、分量の水を加えて煮る。小豆が柔らかくなったら砂糖を加えて水気が少なくなるまで煮る。塩は火を止める少し前に加える。

カボチャはわたを除き、食べやすい大きさに切る。

鍋にカボチャ、だし汁、調味料を加え、カボチャが柔らかくなるまで煮る。

④の鍋に②の小豆を加え、味がなじむまで5分くらい煮る。(水気が多いときは少し長めに煮る)

 

☆★☆できあがり☆★☆

<先生から一言>
小豆は味付けしたものを使ってもよいです。でも新豆の時季は、是非豆から煮てみてください。

レシピ出典:出雲崎クッキング教室