JA越後さんとう みのるくんブログ

JA越後さんとう みのるくんブログ

2019年5月30日
カテゴリー:みのるくん

冷凍タケノコはまだ残っているかな? タケノコご飯にタケノコのお吸い物、タケノコとワカメの煮物・・・定番レシピに加えて、「厚揚げのタケノコ入りつくねサンド」はいかが?
僕もこの料理を食べて、タケノコみたいに大きくなるぞ~!

広報誌『てん・てん・てん』6月号では「桜エビとひじきの混ぜごはん」のレシピを紹介しているよJA越後さんとうホームページ総務部門情報にアクセスしてね!

≪厚揚げのタケノコ入りつくねサンド≫
〇IMG_9521_edi


 <材料 4人分 1人あたりのエネルギー300kcal>

鶏ひき肉    100g
ゆでタケノコ  100g
片栗粉     小さじ2
砂糖      小さじ2
しょうゆ      小さじ1
塩       少々
厚揚げ     小4個
片栗粉     少々

味噌だれ
みそ      大さじ1
みりん     大さじ1
砂糖      小さじ1
白ごま     小さじ1

揚げ油     適量

 

≪作り方≫

タケノコはみじん切りにする。

ボウルに鶏ひき肉、タケノコ、片栗粉、砂糖、しょうゆ、塩を入れ、粘りが出るまで混ぜる。

厚揚げは半分の厚さにして、切った面に片栗粉を振りかける。②の肉だね1/4量を厚揚げの片栗粉を振った面で✂、170℃の油で肉に火が通るまで揚げる。

味噌だれの調味料を合わせ、たれを作る。

③を食べやすい大きさに切り、④の味噌だれを添える。

☆★☆できあがり☆★☆

<先生から一言>
旬のタケノコを使った、春を感じる1品です。肉だねを団子状にして揚げてもおいしいです。

レシピ出典:出雲崎クッキング教室

2019年5月8日
カテゴリー:みのるくん

ほんのりとした苦みが美味しい春野菜明治の陸軍漢方医・石塚左玄は著書『食物養生法』で「春は苦味、夏は酸味、秋は辛味、冬は脂と合点して食え」と書いたんだって
苦味にはデトックス作用があって、冬の間に体に溜まってしまった余分なものを排出してくれるそうだよ~!今日紹介するレシピは「とう菜とふわり卵の和え物」。苦みのあるとう菜でデトックス~!

広報誌『てん・てん・てん』5月号では「大豆とジャガイモの米粉揚げ」のレシピを紹介しているよJA越後さんとうホームページ総務部門情報にアクセスしてね!

 

≪とう菜とふわり卵の和え物≫

〇IMG_8703
<材料 4人分 1人あたりのエネルギー89kcal>

とう菜     1把
ニンジン    2cm
かつお節    小1袋
白ごま     大さじ1/2
しょうゆ      小さじ1
砂糖      小さじ1/2
卵       2個
塩       少々
バター     10g

≪作り方≫

とう菜は色よくゆでて、3cmに切る。
ニンジンはいちょう切りにしてゆでる。
かつお節、ごま、調味料を加えて和え、器に盛る。

ボウルに卵を入れて溶きほぐし、塩を加える。
フライパンにバターを入れてよく熱し、卵を少し落として「ジュッ」と音がしたら全量を入れる。卵が少し固まったらゆっくり大きく「の」の字を書いて火を止め、半熟状になるまで余熱で火を通し、①にかける。

☆★☆できあがり☆★☆

<先生から一言>
バターとしょうゆ味の春色和え物です。
卵を大きくかき混ぜ、ふんわり仕上げましょう。
卵の固さはお好みで。

 

レシピ出典:出雲崎クッキング教室

2019年3月26日
カテゴリー:みのるくん

暖かくなってさっぱり味が恋しい~!主菜がこってり味の時の副菜に「ニンジンとリンゴのヨーグルト和え」を作ってみてね!

広報誌『てん・てん・てん』4月号では「肉みそあんかけ焼きそば」のレシピを紹介しているよJA越後さんとうホームページ総務部門情報にアクセスしてね!

≪ニンジンとリンゴのヨーグルト和え≫

 

〇IMG_8434

<材料 4人分 1人あたりのエネルギー65kcal>

無糖ヨーグルト  80g
油        大さじ1
酢        小さじ2
砂糖       小さじ1
塩        少々
ニンジン     1/2本
リンゴ      1/2個

 

≪作り方≫

ヨーグルトをクッキングペーパーを敷いたザルにあける。
一晩冷蔵庫に入れて、水切りヨーグルトを作る。

ニンジンは薄いいちょう切りにして、歯ごたえが残る程度にゆでる。
リンゴは皮をむき、ニンジンより少し厚めにいちょう切りにして、塩水にくぐらせる。
水切りヨーグルトに油、酢、砂糖、塩を加えて混ぜ合わせ、ニンジン、リンゴを加えて和える。

☆★☆できあがり☆★☆

<先生から一言>
ニンジンは歯ごたえが残る程度にゆでるのがオススメです。

ヨーグルトを水切りすることで、具とよく絡みます。

レシピ出典:出雲崎クッキング教室

2019年2月7日
カテゴリー:みのるくん

平素はJA越後さんとう農産物直売所をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
このたび、1月29日(火)発行の当JA広報誌「てん・てん・てん」2ページに掲載した生産者の購入可能場所、及び3ページにて掲載した当直売所の営業時間に間違いがありました。下記の通り訂正いたします。

 


2ページ
【生産者】燕さん
購入可能場所:自宅併設直売所のみ
(JA越後さんとう直売所ではお取り扱いしておりません)

—————————————————————————–

3ページ
JA越後さんとう農産物直売所
住/長岡市浦638-1 ☎0258-92-2653
営業時間/12月 ~ 3月      9:30~16:00

/ 4月    ~ 5月    9:30~17:00

/ 6月    ~ 11月   9:30~18:00

    水曜定休


皆さまには大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

JA越後さんとう 総務課

 

2018年12月27日
カテゴリー:みのるくん

年末年始のスペシャル料理で胃腸疲れ。。。そんなときは家庭料理で胃腸をいたわろう

広報誌『てん・てん・てん』2月号では「スープパスタ」のレシピを紹介しているよJA越後さんとうホームページ総務部門情報にアクセスしてね!

≪卵と白菜のピリ辛ケチャップ≫

〇IMG_5873

 

<材料 4人分 1人あたりのエネルギー171kcal>

卵    2個
油    大さじ1
しみ豆腐 1枚
片栗粉  大さじ1
油     大さじ1
ショウガ  1かけ
ニンニク  1かけ
長ネギ   1/2本
白菜    3枚
水     1/4カップ
ケチャップ 大さじ3
砂糖    大さじ1と1/2
酒     小さじ2
豆板醤   小さじ1/2~
片栗粉   小さじ1
水     1/4カップ

≪作り方≫

白菜は食べやすい大きさにざく切りにする。
ショウガ、ニンニク、長ネギはみじん切りにする。

しみ豆腐はぬるま湯で戻す。水気を絞って、小さめの短冊状に切り、片栗粉をまぶす。

③■の調味料を合わせておく。

フライパンに油を熱し、溶き卵を流しいれ、大きな炒り卵を作り、一旦取り出す。
フライパンに油を足して、みじん切りにしたショウガ、ニンニク、長ネギを炒める。香りが出たら、②のしみ豆腐を入れてさっと炒め、白菜、水を加えてふたをして4~5分蒸し焼きにする。
合わせておいた調味料を加え、とろみがつくまで煮て、炒り卵を戻し、ひと炒めする。

☆★☆できあがり☆★☆

<先生から一言>
しみ豆腐に片栗粉をまぶして調理するともっちりした食感になります。
豆板醤はお好みで調節してください。

レシピ出典:出雲崎クッキング教室