トップページ >> 営農部門情報 >> メロン

営農情報
アスパラ かぼちゃ いちご トマト メロン アスパラ菜 さつまいも さといも
メロン
1.畑の準備   2.植え付け   3.中間管理   4.病害虫防除   5.収穫



1.畑の準備
(1) 肥料は下の表を参考に与えて下さい。たい肥と石灰は2週間前までに与えて下さい。元肥は、1週間前までに与えて下さい。
単位:kg/10a
肥料名 元肥 成分 備考
チッソ リン カリ
チッソの与えすぎは、カルシウムの吸収阻害による発酵果、アブラムシ、うどんこ病などの寄生を助長するので注意する。
酸性土壌やリン酸が吸収されにくい土壌ではリン酸を多めに与える。
砂質土では、元肥を2〜3割多めに与える。
有機配合肥料
燐硝安加里
苦土石灰
完熟たい肥
100
20
150
2,000
8
3
8
3
8
2.4
(2) メロンは、多日照・乾燥を好み、多湿・多雨を嫌う植物です。排水が悪かったり、通気性の悪い土壌では収量や品質に大きな影響を与え、栽培の条件には適しません。
(3) 栽植密度は下の表を参考に植えて下さい。
  うね幅 株間 条間 1坪当当たり株数
2条植え 90cm 40〜45cm 50cm 5.5〜6.5株



2. 植え付け
(1) 多湿条件を嫌うので、うねは15〜20cmにします。
(2) 定植は、活着を促進するため晴天で気温が高い日がよいです。定植したら軽く鎮圧し、かん水をしましょう。
(3) 定植する苗は、草丈30cm、葉数5〜6枚で節間が短いものが適してます



3.中間管理
(1) 活着後、本葉6〜8枚頃にポリひも等を上から吊して、親づるの立ち上げを行って下さい。
(2) 本葉10枚展開頃に子葉と本葉2枚、更に開花前までに3枚下葉を欠き、株元の通風を図ります。
(3) 結果予定枝は、雌花のついている子づるを3〜4本残して、その上下の側枝は早いうちに欠いて下さい。
(4) 残した結果予定枝は、開花前までに2葉で摘心します。短かったり、細い場合は3葉残します。
(5) 摘心は開花前までに結果枝の上10〜12葉残して下さい。着果目標節位を12〜14節とし、上葉10枚を確保して下さい。
(6) 人工交配を行なう場合は、午前10時頃までに終了するようにしましょう。ミツバチによる交配は、開花の5〜7日前に巣箱をハウスの北側に置きます。なお、ミツバチ交配の場合は紫外線カットフィルムは使用しないで下さい。交配終了後は、収穫期の目安を見るため札などに日付を記入しましょう。
(7) 着果確認後、幼果が鶏卵大に肥大するまでに(交配後8〜10日くらい)、果梗のつけねのとがりが
少ない楕円形のものを選び、それ以外は摘果して下さい。
 
(8)

摘果が終わったらポリひも等で玉つりを行ない、側枝が水平になるように行ないます。




4.病害虫防除
アブラムシ類 全生育期間中注意が必要です。モザイク病を媒介する害虫なので見つけ次第すぐに薬剤防除を行って下さい。
登録農薬
アドマイヤー1粒剤 1g/株(総使用回数1回、定植時)
アディオン乳剤 2,000〜3,000倍(総使用回数5回、収穫前日)
マラソン乳剤 2,000〜3,000倍(総使用回数3回、収穫前日)
使用時期のポイント 
アドマイヤーは定植時に植穴又は株元土壌混和して使用して下さい。同じ農薬を続けて使用するのは避けて下さい。
         
ハダニ類 全生育期間中注意が必要です。特に、高温・乾燥期に発生が多くなります。初期防除の徹底を図り、薬剤抵抗性がつかないように注意して下さい。作付前の高温時にハウスを1週間くらい密閉し、死滅を図る事も必要です。
登録農薬
ピラニカEW 2,000〜3,000倍(総使用回数1回、収穫3日前)
ダニトロンフロアブル 1,000〜2,000倍(総使用回数1回、収穫前日)
マラソン乳剤 2,0000〜3,000倍(総使用回数3回、収穫前日)
使用時期のポイント 
ミツバチを使用する場合は、ハウスの外に出してから使用してください。同じ農薬を続けて使用するのは避けて下さい。
         
べと病 低温・多湿・少日照条件を好み、チッソの与えすぎ、肥料切れで発病しやすくなる。下葉から発生し始め、淡黄色の病斑を生じます。病斑の裏には、すす状のかびが生じます。
登録農薬
ドイツボルドーA 500〜1,000倍(総使用回数無し)
ダコニール1000 700〜1,000倍(総使用回数5回、収穫3日前)
アミスター20フロアブル 2,000倍(総使用回数4回、収穫前日)
使用時期のポイント 
ダコニール・アミスターは予防的に使用して下さい。同じ農薬を続けて使用するのは避けて下さい。



5.収穫
品種によって収穫までの日数は異なります。判断材料としては、以下の項目を目安にして下さい。
(1) 果皮色が緑色から黄色に変わります。(品種によっては変わらないものもあります)
(2) 着果側枝の葉がマグネシウム欠乏で黄変します。
(3) 果実から甘い香りが出てくる。
(4) 品種それぞれの熟期日数を確認。
(5) 試し切りによって糖度、食味などを確認
  など
を参考にして下さい。収穫する際は、カミソリやカッターなど鋭利な刃物で竜頭を付けて収穫します。

越後さんとう農業協同組合 〒940-2305 新潟県長岡市大野249番地