トップページ >> 営農部門情報 >> いちご

営農情報
アスパラ かぼちゃ いちご トマト メロン アスパラ菜 さつまいも さといも
いちご
    (越後姫)
1.畑の準備   2.植え付け   3.中間管理   4.病害虫防除   5.収穫



1.畑の準備
(1) 肥料は下の表を参考に与えて下さい。たい肥と石灰、元肥は2週間前までに与えて下さい。
単位:kg/10a
肥料名 元肥 追肥 備考
1回 2回 3回
苦土石灰はpHが6以下の場合に与える。
追肥適期
  (1)1番花収穫終了
(2)
2番花親指大頃
(3)
3番花親指大頃
有機配合(8−8−8)
養液土耕(13.5-10-20)
苦土石灰
完熟たい肥
180

(100)
(2000)

3

3

3
(2) うねは40〜50cmくらいの高さにしてください。排水の悪い所ほど高くします。
(3) 栽植密度は下の表を参考に植えて下さい。
  うね幅 株間 条間 1a当たり株数
2条植え 80cm 23〜25cm 25cm 666株



2.植え付け
(1) 定植苗は、展開葉が3枚あり親株側ランナーをうねの内側にして深植にならないように植え付け、株の周りを鎮圧してください。
(2) 植え付け後たっぷりかん水して下さい。
(3) 苗が活着したらうねに雑草対策で黒マルチをかぶせて下さい。なお、活着のサインは葉の縁から水滴が出てきた時です。



3.中間管理
(1) 活着後は、新しい葉が順次出てくるので古い葉をかき取ります。病気や害虫に侵された葉は優先的にとって下さい。また、脇芽も出てくるので見つけ次第かき取りましょう。花がつき始めたら葉の枚数を増やしていきます。だいたい10枚程度が目安です。
(2) 10月の中・下旬頃にハウスサイドをおろして保温を始めます。目標とする温度管理は、昼間25〜28℃とする。定植後の生育が遅い場合は、高めの温度が望ましく、不時出らいが見られる場合は低めで管理して下さい。
(3) 11月中旬頃になったら内張カーテンをします。内張カーテンは紫外線の透過率がよく、保温性、水滴が付きにくいものがよいです。温度管理は、昼間は25〜28℃、夜間は10℃を下回らないように管理して下さい。
(4) 1〜2月は特に温度が下がりやすく、暖房が必要です。ハウス中心部の温度が12℃(昼も夜も)を保てるように注意して下さい。
(5) かん水は、保温を開始するまでは朝と晩の2回で、1回のかん水時間は2〜3分程度。保温を開始してからは天候に応じて朝のみにして、1回のかん水時間も1分程度と短くします。(ハウス内の湿度を上げないようにするため)



4.病害虫防除
アブラムシ類 全生育期間中注意が必要です。ハウス内の侵入を防ぐため、サイドの換気に目の細かい防虫網をしましょう。また、見つけ次第すぐに薬剤防除を行って下さい。遅れると防除が困難になり、収量や品質に大きな影響が出ます。
登録農薬
アドマイヤー1粒剤 0.5g/株(総使用回数1回、定植時)
アディオン乳剤 3,000倍(総使用回数5回、収穫前日)
マラソン乳剤 2,000〜3,000倍(総使用回数5回、収穫3日前)
【使用時期のポイント】 
アドマイヤーは定植時に植穴又は株元土壌混和して使用して下さい。同じ農薬を続けて使用するのは避けて下さい。
         
ハダニ類 全生育期間中注意が必要です。ハウス内の侵入を防ぐため、サイドの換気に目の細かい防虫網をしましょう。なお、大量発生すると葉に糸を張り巡らせ、一気に他の株に広がります。見つけ次第薬剤防除を行って下さい。遅れると防除が困難になり収量や品質に大きな影響が出ます。
登録農薬
マラソン乳剤 2,000〜3,000倍(総使用回数5回、収穫3日前)
ニッソラン水和剤 2,000〜3,000倍(総使用回数2回、収穫前日)
サンマイトフロアブル 1,000〜1,500倍(総使用回数1回、収穫前日)
【使用時期のポイント】 
同じ農薬を続けて使用するのは避けて下さい。ニッソラン水和剤は発生初期に散布して下さい。
         
オンシツコナジラミ 全生育期間中注意が必要です。ハウス内の侵入を防ぐため、サイドに目の細かい防虫網をしましょう。見つけ次第防除を行って下さい。遅れると防除が困難になり収量や品質に大きな影響が出ます。
 
うどんこ病   乾燥状態を好む病気で、葉に白い粉がつきます。全生育期間中発生します。越後姫はこの病気に弱いので見つけたらすぐに防除をして下さい。  
     
登録農薬
トリフミン水和剤 3,000〜5,000倍(総使用回数5回)
モレスタン水和剤 3,000〜4,000倍(総使用回数2回)
アミスター20
フロアブル
1,500〜2,000倍(総使用回数3回)
フルピカフロアブル 2,000〜3,000倍(総使用回数3回)
【使用時期のポイント】 
収穫前日まで使用可能です。同じ農薬を続けて使用するのは避けて下さい。
 



5.収穫
 3月の中旬くらいまでは、9割着色したものを収穫して下さい。それ以降は、7〜8割着色したものを収穫して下さい。越後姫は、他の品種と比べて傷みやすいので選別やパック詰めする際は、丁寧に行って下さい。収穫は、鮮度低下を防ぐため気温が高くなる前の早朝に行って下さい。気温の低い2月までは午前中まででも構いません。
果梗(つる)が5mm程度
残ります。パック詰め時は
注意して下さい。
親指と人差し指で
果梗(つる)をつまみ、
横へ移動するようにします。

越後さんとう農業協同組合 〒940-2305 新潟県長岡市大野249番地