トップページ >> 営農部門情報 >> アスパラ菜

営農情報
アスパラ かぼちゃ いちご トマト メロン アスパラ菜 さつまいも さといも
アスパラ菜
1.畑の準備   2.は種・植え付け   3.中間管理   4.病害虫防除   5.収穫



1.畑の準備
(1) 肥料は下の表を参考に与えて下さい。たい肥と石灰は2週間前までに与えて下さい。元肥は、1週間前までに与えて下さい。
単位:kg/a
肥料名 施肥量 成分 備考
元肥 追肥 チッソ リン カリ
追肥時期は、草勢を見ながら収穫開始時と一時側枝収穫終了時の2回に分けて施します。
LP畑作403
NK化成2号
苦土石灰
完熟たい肥
10
4
20
200

3
14
1.1
10 13
1.1
(2) うねの高さを10cm程度としますが、排水性を考えて加減してください。雑草対策と土壌水分保持のため黒マルチを使います。
(3) 栽植密度は下の表を参考に植えて下さい。
  うね幅 株間 条間 1a当たり株数
2条千鳥植え 150〜160cm 40cm 40cm 312〜333株



2. は種・植え付け
(1) は種量は、直まき栽培の場合10〜15ml、移植栽培の場合は10ml用意して下さい。
(2) 直まき栽培の場合、2〜3粒/穴ずつまいて下さい。は種後、軽く覆土(1mm程度)してかん水して下さい。本葉2〜3枚頃になったら、間引き1本立ちにします。
(3) 移植栽培の場合、ペーパーポット(72穴)などで育苗します。床土は市販の野菜培土で構いません。かん水は、は種前に充分与えて下さい。は種後は散水程度にとどめ、若干乾燥気味に管理し徒長を押さえて葉色を濃くします。




3.中間管理
(1) 生育初期は、温度管理25℃を目安に換気します。直まきの場合本葉3枚以降、移植の場合活着確認後、夜間もハウスサイドを開放し寒気に慣らして下さい。
(2) 11月上旬頃からハウスサイドを閉めて管理しますが、ハウス内が25℃以上になった場合や湿度が高くなった場合換気して下さい。また、12月以降は凍害を避けるため二重カーテンで保温して下さい。
(3) 主茎からつぼみが見え始めたら、下葉を10枚程度残して摘心して下さい。生育が遅れている場合、残す葉を5〜7枚程度残して摘心して下さい。
(4) 病害虫被害葉や黄化した葉は随時摘葉して下さい。一度に大量の葉を摘葉するのは避けましょう。1次側枝を収穫し、2次側枝が2枚展開した頃主茎葉を適時摘葉して下さい。
(5) 乾燥が続くと生育が遅れるので乾燥した場合、適時かん水して下さい。



4.病害虫防除
コナガ・
アオムシ
アブラナ科野菜の代表的な害虫です。どちらも葉を食害し葉脈だけを残します。フンは、アオムシの方が大きいです。モンシロチョウは外葉の裏側に黄色の卵を産みつけます。コナガは卵も幼虫も非常に小さいので発見が遅れる場合があり、被害が甚大になるので注意して下さい。
登録農薬
トアロー水和剤CT 1,000〜2,000倍(総使用回数4回、収穫前日)
ゼンターリ顆粒水和剤 1,000〜2,000倍(総使用回数4回、収穫前日
【使用時期のポイント】 
見つけ次第すぐに防除を行って下さい。発生初期の防除が効果的です。

         
白さび病 葉に発病し、初め乳白色の小斑点が生じ、その後白色粉状の胞子を飛ばします。湿度が高くなると多発しやすいので、換気をしてください。発病葉をハウス外へ処分するなど耕種的防除も組み合わせて発生を防いで下さい。
登録農薬
ダコニール1000 1,000倍(総使用回数3回、収穫60日前)
【使用時期のポイント】 
同じ農薬を連用しないで異なる作用機構のものをローテーションして下さい。使用する際は、展着剤を加用して下さい。



5.収穫
(1) 1次〜3次側枝を収穫します。収穫する側枝の太さで草勢を判断し、残す葉の枚数を加減して下さい。多く残すと側枝が細くなり、残さないと次の側枝が発生しなくなります。
(2) 1次側枝の収穫位置は、茎の太さが10mm程度になる位置で折るのが理想的です。収穫のポイントとしては、つぼみの位置が2cm程度下になるまで伸ばします。
(3) 2次側枝の収穫位置は、茎の太さが8mm程度になる位置で折るのが理想です。1次側枝同様、つぼみの位置が2cm程度下まで伸ばします。

越後さんとう農業協同組合 〒940-2305 新潟県長岡市大野249番地